黒川の今昔 黒川を守る活動

川西市黒川は2009 年(平成20 年)に公益財団法人「森林文化協会」による「にほんの里100 選」に選ばれて以降、歴史性、文化性、生物多様性などの見地から「日本一の里山」と呼ばれるようになりました。地域住民の他にも有志団体が交流して活動し、この貴重な里山を未来へ残す取り組みを始めています。

黒川でのボランティア団体の存在

貴重な里山資源を再発見し、保全を行うボランティア団体が黒川で活動しています。2001 年から黒川で活動を開始した「ひょうご森の倶楽部」は放置されたクヌギ林再生のため、植樹や下草刈りを猪名川町も含めた広域エリアで展開。「菊炭」の原料となるクヌギを中心とした里山林の再生・整備や炭焼き、エドヒガンの保護などを行う「菊炭友の会」。川西市主催森林ボランティア養成講座の卒業生が里山の保全を目的に活動し始め、活動中にエドヒガンがこの地にあることを発見した「川西里山クラブ」。古くから能勢妙見山の境内にあったことで守られてきたブナやアカカシの原生林を守り、学ぶ「能勢妙見山ブナ守の会」。そして黒川の里山風景を現代に甦らせ、子ども達の遊べるフィールドを再建しようとしている「身近な自然とまちを考える会」など活動もさまざまです。

トンボ池

かつて里山に生息した生物に再び戻ってきてもらおうと、休耕田を再活用しているフィールド。トンボ、昆虫、魚、水生生物が確認されています。

身近な自然とまちを考える会が護っている

それぞれが地域住民との連携を深め、里山林の保全、またエドヒガンなどの観光資源をどう活かすか、黒川の今後について話し合う必要性は、今後より一層高まりそうです。

写真 55.NPO法人 ひょうご森の倶楽部

写真 56.菊炭友の会

写真57. 川西里山クラブ

写真58.能勢妙見山ブナ守の会

主なボランティア団体

NPO 法人 ひょうご森の倶楽部

■住所:兵庫県神戸市中央区中山手通4-1-11 山手ユージハウス201
■TEL・FAX:078-321-0049
■URL:http://hyogo-morinoclub.jp/
■主な活動場所:徳林寺周辺等、猪名川町内馬場、および兵庫県各地

菊炭友の会

■住所:兵庫県川西市大和東1-93-9
■TEL:090-3970- 6688
■FAX:072-733-2026
■E-MAIL:nak@yo.rim.or.jp
■URL:http://kikuzumi.exblog.jp
■担当:中川彰
■主な活動場所:黒川 桜の森

川西里山クラブ

■住所:兵庫県川西市大和東1-14-7
■TEL・FAX:072-794-3203
■E-MAIL:ppkj90364@maia.eonet.ne.jp
■URL:www.hitosato.com/kawanishi_satoyama_club/index.html
■担当:辻本哲
■主な活動場所:妙見の森

身近な自然とまちを考える会

■住所:兵庫県川西市湯山台1-29-13
■TEL・FAX:072-774-3515
■E-MAIL:ishizu-akiy@jttk.zaq.ne.jp
■担当:石津容子
■主な活動場所:猪名川流域、黒川 、トンボ池など

能勢妙見山ブナ守の会

■住所:大阪府豊能郡能勢町野間中661  能勢妙見山内■TEL:072-739-0991
■FAX:072-739-2883
■URL:http://bunamori.org/
■主な活動場所:能勢妙見山の境内にあるブナ林とその周辺区域